建設業許可申請COM【千葉県知事許可・東京都知事許可】宮崎行政書士事務所

建設業許可申請COM【千葉県知事・東京都知事・国土交通大臣許可対応】

建設業許可申請COM(千葉県鎌ケ谷市)へようこそ

千葉県知事東京都知事国土交通大臣許可の新規(更新)申請は、実績多数の建設業許可申請COMへお任せください。
建設業許可申請COM(宮崎行政書士事務所)では千葉県内 鎌ケ谷市船橋市市川市松戸市柏市八千代市白井市印西市を中心に我孫子市、流山市、野田市、浦安市、習志野市、千葉市、四街道市、冨里市、佐倉市、成田市をはじめとする千葉県内に建設業許可取得にあたっての無料相談、申請の打ち合わせに訪問させて頂いております。
建設業許可申請COMは、直接お会いして仕事の内容、現場の状況などを多数の実績から考慮して御社に最適な申請内容で申請まで進めて参ります。現場でお忙しい経営者の皆様に変わって、スムーズな許可申請をお手伝いさせて頂きます。是非、当事務所のサービスをおためし下さい。

建設業を営む皆様は、「軽微な建設工事」(1件の請負金額が建築一式工事1,500万円未満又は延べ床面積150u未満の木造住宅工事、その他の工事500万円未満税込)のみを請け負う場合を除いて、建設業許可を受けなければなりません。 (建設業とは元請・下請を問わず、個人・法人を問わず建設工事の完成を請け負う営業を言います。)

建設業許可申請COMでは、建設業許可申請について情報を公開し、これから許可を受けようとお考えの皆様や、既に許可を受けられていて更新(許可から5年)をしなければならない、業者様へお役に立てることを目指し運営されています。WEB無料相談も開設されておりますので不明な点は、是非お問い合せください。

建設業許可に対する疑問
建設業許可を取得するメリット
千葉県の建設業許可申請

建設業許可を取得して営業をする事の最大の利点は、社会的信用力のUPではないでしょうか?
昨今の建設業界では手抜き工事や倒産など、発注者様や元請様に悪いイメージが先行しています。発注者様や元請様が建設業者様を見る目は、非常に厳しいものになっているのではないでしょうか?
しかし、行政が財産的基礎や実務経験がある工事契約責任者、工事における技術者がいるかなど審査をした結果として許可をした建設業者であることこそ、消費者への安心、信用の証として示す方法ではありませんか?


建設業許可業種について

現在の建設業法では、建設業の許可業種を29業種に選別して建設業許可業種としています。しかし、昨今の建設業における新しい工法・技術・建設機械の進歩などにより、必ずしも29業種にすべての建設業が明確に一致しているとは限りません。
建設業許可申請COMでは、お客様からヒアリングを実施し、実際の工事が29業種のどの建設業許可業種に当てはまるものか、診断して許可申請を行います。 せっかく取得した許可が実際の工事と相違していれば、無許可業者と変わりなく意味の無いものとなってしまいます。


建設業許可業種数
知事許可・大臣許可・一般建設業許可・特定建設業許可の合計

全国には建設業許可を受けて営業されている業者様が467,635社(前年比▲5,286社)あります。(平成28年3月末現在)また、建設業許可の新規申請は19,156社(平成27年度)であり、淘汰が進んでいます。しかし、建設業界は復興予算・オリンピック需要など大型物件が多く、建設業許可を取得しなくては施工出来ない物件が多数存在しているものと思われます。より有利な単価で受注するため、他社との差別化の一環として建設業許可や産業廃棄物収集運搬業許可などの需要が増しているようです。


建設業許可申請(千葉県)のお問い合わせは047−446−6729までお気軽にお電話ください。